恋愛で自己啓発?ビジネス本100冊読むよりも女10人抱け理論

-shared-img-thumb-KENTA_8634h1000km_TP_V

この記事を書いてる人 - パプリカ -

paprika_prof身長168cm、中肉中背で筋肉少なめのフツメン。人見知りのくせにナンパブログを書いている。
見た目はマジメ。中身はチャラめ。自分史上最高の美女をゲットするまで結婚しないと決めている。

→詳しいプロフはこちら
Youtube_icon-icons.com_66564twitter

どうも、クズ部部長のパプリカです。
『クズ部』では、恋愛を通じて自分を成長させるということをコンセプトに情報を提供しています。

そこで疑問に思われるのは「果たして恋愛で自己啓発なんてできるのか?」ということです。
そもそも自己啓発ってなんでしょうか。

自己啓発とは…

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

(Wikipediaより)

ふむふむ…カタイですねw
ま、わかりやすく言えば「成長する」ってことですよね。

で、恋愛で成長するのか?という問いには一切のためらいなく、

「成長できる」

と答えられます。

むしろ、ビジネス本100冊読むよりも10の女を抱いた方が成長できるとも思っています。

では、どうやって恋愛をしながら自己啓発することができるんでしょうか。
一緒に探ってみましょう。

男は皆、モテたいから成長できる

まず、大前提の話をしましょう。
男性の9割、いや少なく見積もっても8割の男子は女の子にモテたいはずです。

そして男はモテたいからこそ、いろんなことをがんばれます。

  • 運動会で賞金もないのに全力で走る
  • テストで良い点を取る
  • とにかくおもしろいこと言おうとする
  • ホントは嬉しいのにニヤニヤしないでキメ顔キープする
  • かっこいい服を買う

どれもこれも「女にモテたい」という欲求がそうさせている部分が大いにあります。

そしてモテるために日々の努力を怠りません。
例え毎日学校の勉強はしなくても、ファッションの勉強をしたり、仕事やバイトでがんばってみたり、おもしろいこと言うためにバラエティ番組見てみたり。

どれもこれもたゆまぬ努力とも言えます。
これが「自己啓発」です。

自己啓発って意識高い系とか、金の亡者とか、ビジネスマンだとか思われる節はあるかもしれないけども、結局のところ、みんな自己を啓発しているんですね。
そしてその努力の根源は「女にモテたい」です。

そう思うと女性の存在そのものが男を磨いてくれてるんですね。

じゃあ恋愛で自己啓発しちゃえば早くない?

世間のイメージでは、自己啓発をするにはビジネスや仕事をがんばることだと思われがちです。
本屋さんでよく見る「自己啓発書」や「自己啓発セミナー」というのはほとんどがビジネスマン向けだったり、起業家向けだったりします。

もちろん、仕事をがんばれば自分が成長できることに異論はありません。
じゃあ恋愛でも自己啓発しちゃえば良くない?ってのが僕の考えです。

僕の人生を振り返って成長してきたのはほとんどが『恋愛』でした。

  • 初めて告白した時
  • 初めて女の子と付き合った時
  • 初めてエッチした時
  • 初めて別れた時
  • 初めて出会い系で女の子をゲットした時
  • 初めてナンパでゲットした時

などなど、挙げればキリがありませんが、カベを乗り越える度に新たな世界が目の前に広がりました。
もうこれってめちゃくちゃ自己啓発じゃないですか?笑

僕はビジネス本も100冊以上読んでいますが、本を読んで啓発した気にはなっても実際に成長した実感ってのは湧きません。
結局は自分の中に取り入れた知識を使うことによって、初めて自分が成長できます。

本を読むだけ、セミナーに参加するだけでは何も成長しません。

出会い系で10人ぐらいゲットしてからマリオのスター状態を味わった

僕は20代中盤から出会い系を始めました。
遅咲きのストライカーってやつです。

はじめて出会い系で会った子はネイルサロンの店長「まぁちゃん」でした。
年齢は21歳でお世辞にもかわいいとは言えない子でした笑

とりあえず待ち合わせしてから居酒屋で2時間ぐらい話しました。
その頃は手応えなど何もなく、ただただコミュニケーションを取るのに必死でした。

そして、店を出て名古屋の冷たい風に首をすくめながら意を決して言いました。

「この後おれん家来る?」

「…うん」

え?まさかの即OK?
業界用語では『ノーグダ』です。
一切のグダなしでした。

初めて会った子とベッドを共にする悦を感じながらその日の勝因を考えました。

「なぜおれはこんなにもあっさりお持ち帰りできたんだ?」
「なぜこの子は家に来たんだ?」

1番の勝因は「この後おれん家来る?」と言えた勇気だったと思います。

正直、このセリフを言っても言わなくても僕は死にません。
でも、言わなければ間違いなくお持ち帰りはできなかったし、言った瞬間に未来が180度変わりました。

これって今思えば自己啓発した瞬間なんですよね。

それから僕は10人以上の女の子を出会い系でゲットしながらだんだんと感覚をつかんできました。

その頃にはマリオのスター状態のようなもんで、「居酒屋で2人きりになれれば100%イケるわ」ぐらいの自信を持っていました。
(実際に8割ほど成功していました)

ここでまた一段階、覚醒したというか、次のステージに行けた感覚がありました。
これが自己啓発した瞬間なんですよね。

自己啓発って”行動して成長すること”

そして実感したのは家で本ばっか読んでても成長ないなってことでした。
結局なにか行動しないと「結果」として跳ね返ってこない。
そしてその「結果」によって自分は成長するんだなぁということを学びました。

インプットするのは誰にでもできます。
その後のアウトプットは自分にもリスクがかかってきます。

  • 傷付くかも
  • 恥かくかも
  • 断られるかも

そんなリスクを一瞬の勇気で振り切ってなにか行動をしたヤツに「成長」はやってくるんだなと思いました。

まずはあなたもなにか成長しそうなこと、やってみてください。
それは自分がやりたくない行動であればあるほど、効果が出ると思います。
一瞬で世界が180度変わりますよ。

ではでは~

P.S

クズ部ではインプットとアウトプットをバランスよく行える講座をやっています。
よろしければ見ていって下さい。

→クズ部に入部する

P.S こんなブログ書いてますが、僕はコンプレックスの塊でしたw

僕はこのブログで、6ヶ月間で30人の女の子と遊んだーとか、ナンパの方法とか偉そうに語ってますが、そもそもそんなタイプの人間じゃなかったんです。

プロフィールを読んでもらえばわかりますが、身長も170cmない、顔もイケてない、筋肉もなければ頭も良くない。

おまけにアラサーですが、まともな仕事にも就いていません。
ボーナスももらったことがなければ、未だに楽しいと思える仕事もできていません。

性格は人見知りで、友だちは少ない。
声は小さく、人との話を広げるのが苦手。

そんなクズな僕でも、たった1つのきっかけからコロコロと少しずつ少しずつ、人生が楽しい方向へと転がりだしてきました。

そのきっかけが2人のナンパ師との出会いでした。

細かい流れはメルマガの方でも書いていますが、そのナンパ師2人は「女」という人生でも大きなテーマの1つを完全にクリアしてました。

2人はいつも自信満々、笑顔で、何があっても楽しそうな顔をしてる。
だからか、仕事もうまくいってるし、周りには同じような楽しそうな奴らが集まってます。

「なんかおれ、自分で人生損してんな…」って思いましたね。

それからカクカクシカジカあって、6ヶ月で30人の女の子をゲットしたり、自分のセルフイメージがクソ高くなったりとおもしろイベントが起きてきました。

詳細やナンパのノウハウについてはプロフィールかメルマガの方に書いてるので、良かったら見ていってくだせー。


無料E-Book:元人見知りが6ヶ月間で30人の女の子をゲットした方法


スクリーンショット 2017-05-31 14.55.01

プロフ見てもらえればわかりますが、めっちゃ人見知り、めっちゃ奥手な僕でも6ヶ月という短い期間で約30人の女の子をお持ち帰りすることができました。
こんな低身長、非イケメン、チキンな僕でもできたので正直誰でも「やれば」イケると思ってます。ただし「やれば」。

この「やる」か「やらない」かの壁が超絶に高いんですよね。
このレポートでそこを超えるノウハウを提供していきます。

さらっと内容を挙げると

  • 自分の行動をソッコーで変える”科学的な”方法
  • 9割の女性に「アリ」だと思われるための事前準備
  • ナンパをする上で成長が早くなる3つの意識
  • 会って2秒で笑わせて、3分でカフェに連れ出すアプローチ術
  • 女の子が密かに出しているお持ち帰りOKのサインとは

などなどです。
ダウンロードは下のボタンからどうぞ。