もう後悔したくない!って人にやって欲しいたった1つのこと

24567444911_5b7772460d_b

この記事を書いてる人 - パプリカ -

paprika_prof身長168cm、中肉中背で筋肉少なめのフツメン。人見知りのくせにナンパブログを書いている。
見た目はマジメ。中身はチャラめ。自分史上最高の美女をゲットするまで結婚しないと決めている。

→詳しいプロフはこちら
Youtube_icon-icons.com_66564twitter

どうも、パプリカです。

今でこそ、やりたいことやってますが、僕の人生は後悔だらけでした。

今回は(なるべく)後悔のない人生を送るために学んできたコツを共有したいと思います。

 

後悔ゼロの世界へ

そもそもなぜ後悔するような選択を僕らはしてしまうのか?

それは、行動することの変化を恐れるからです。

僕は高校時代、保健室の先生を好きになってしまいました。

 

まぁ今考えても成功する見込みは低いんですが、あの時告白すべきだったなと思います。

その後悔は2,3年ほど引きずっていたでしょうか。

一瞬の勇気を振り絞れず、2,3年を棒に振ってしまうというミスを時に人は犯してしまいます。

 

しかし、そんなことをしてしまった当時の自分の気持ちもわからんでもないです。

先生に告白してしまったらヒドイことを言われて自信を失ってしまうかもしれない、周りの友だちにバレてしまうかもしれない、もう二度とあえなくなってしまうかもしれない。

そんな「変化」を恐れて僕は行動することを躊躇しました。

人生は選択の連続ってのはよく言いますが、ホントそれです。

 

行動の選択が迫られた時にどっちを選ぶのかが僕らの人生を決める要素になってきます。

そこで必要になってくるのは勇気と決断力。

決断さえしてしまえば、あとは行動するのみです。

 

みんなは何で後悔してるのか?

じゃあ気になるのは他のみんなは何で後悔してるのか?ってことです。

いろんなデータを集めるとやはりみんな同じことで悩んでいるみたいです。

・恋愛

・仕事

・人間関係

・お金

やっぱりこのへんのテーマなんですね。

 

代表的な後悔を挙げてみると

恋愛→告白できなかった

仕事→もっとがんばっていればよかった

人間関係→もっと優しくすればよかった

お金→もっと役立つことにお金を使えばよかった

ということが主な後悔のようです。

 

今回は恋愛、仕事の後悔に共通のテーマを解決させていきたいと思います。

結局、2つの後悔をまとめると「行動できなかった」ということにあります。

その行動できない後悔にも2つの種類に分けられます

1.めんどくさいから行動しなかった

2.怖かったから行動しなかった

1つずつ考えていきましょう。

 

1.めんどくさいから行動しなかった

これは主に仕事で行動できなかった人に多い後悔でした。

めんどくさいと思う=やるべきことを高く見積もりすぎています。

ちょっと隣の駅まで行くことを海外に旅行するぐらいに難しく捉えているからめんどくさく感じてしまうんです。

そんな人にやってほしいのはチャンクダウンというスキル。

 

チャンクダウンとは大きなものを細かく分けるという意味で、例えば隣の街に行くということをもう少し具体的なステップに分けてみます。

お風呂に入る→服を着る→家を出る→歩いて10分で到着

ここまで細かくステップを分けたら1のお風呂に入ることだけに集中すればいいんです。

 

そうすると、めちゃくちゃ簡単なことに感じてとりあえずお風呂に入ってしまいます。

お風呂に入った後は服を着ることに集中…みたいな感じです。

 

「いやいや、お風呂に入るのがめんどくさいんだよ」って人はお風呂に入るという行為をさらにチャンクダウンしていきます。

タオルを持つ→お風呂場に行く→服を脱ぐ→お風呂に入る

これでタオルを持つことに集中すればいいんです笑

 

ここまで細かくするとちょっとアホらしくなりますが、それでも効果は抜群です。

細かく分けることに慣れれば自ずと仕事の作業もチャンクダウンして取り組むことができます。

 

2.怖かったから行動しなかった

これは主に恋愛系の後悔ですが、恋愛以外でも怖かったから行動できないというケースは多いと思います。

そんな人のためにやってほしいのは以下の3つのステップ

1.失敗した時の最悪の展開を明確にする

失敗した後の展開をぼんやりとイメージするだけじゃなくて、はっきりと明確にイメージします。

そうすると、「あれ、思ってたよりダメージは少ないな。ま、なんとかなるか」ってなることが多いです。

 

2.成功した時の喜びも明確にしておく

これが行動する時のモチベーションになります。

リスクを冒すんだからリターンもあるはずです。

そのリターンを得るために僕らはがんばるわけです。

行動する前にもう一度イメージを明確にしておくことでエネルギーも違ってきますよ

 

3.まずは最初の1ステップを踏んで見る

これはさっきのチャンクダウンと同じです。

「好きな子に告白する」がやるべきことなら

まずは声をかける→定期的に話してみる→連絡先を聞く→デートに誘う→告白する

みたいな感じで、「よし、じゃあ今日は声だけかけてみよう」と考えると心も軽くなって行動に移すことができます。

 

まとめ

ということで、後悔しないための行動の仕方をお伝えしてみました。

チャンクダウンという手法を使いこなすだけで行動することへの負担をかなり軽くできるんでオススメですよ。

あとは勇気を出して試してみてくださいね。

ではでは~

P.S こんなブログ書いてますが、僕はコンプレックスの塊でしたw

僕はこのブログで、6ヶ月間で30人の女の子と遊んだーとか、ナンパの方法とか偉そうに語ってますが、そもそもそんなタイプの人間じゃなかったんです。

プロフィールを読んでもらえばわかりますが、身長も170cmない、顔もイケてない、筋肉もなければ頭も良くない。

おまけにアラサーですが、まともな仕事にも就いていません。
ボーナスももらったことがなければ、未だに楽しいと思える仕事もできていません。

性格は人見知りで、友だちは少ない。
声は小さく、人との話を広げるのが苦手。

そんなクズな僕でも、たった1つのきっかけからコロコロと少しずつ少しずつ、人生が楽しい方向へと転がりだしてきました。

そのきっかけが2人のナンパ師との出会いでした。

細かい流れはメルマガの方でも書いていますが、そのナンパ師2人は「女」という人生でも大きなテーマの1つを完全にクリアしてました。

2人はいつも自信満々、笑顔で、何があっても楽しそうな顔をしてる。
だからか、仕事もうまくいってるし、周りには同じような楽しそうな奴らが集まってます。

「なんかおれ、自分で人生損してんな…」って思いましたね。

それからカクカクシカジカあって、6ヶ月で30人の女の子をゲットしたり、自分のセルフイメージがクソ高くなったりとおもしろイベントが起きてきました。

詳細やナンパのノウハウについてはプロフィールかメルマガの方に書いてるので、良かったら見ていってくだせー。


無料E-Book:元人見知りが6ヶ月間で30人の女の子をゲットした方法


スクリーンショット 2017-05-31 14.55.01

プロフ見てもらえればわかりますが、めっちゃ人見知り、めっちゃ奥手な僕でも6ヶ月という短い期間で約30人の女の子をお持ち帰りすることができました。
こんな低身長、非イケメン、チキンな僕でもできたので正直誰でも「やれば」イケると思ってます。ただし「やれば」。

この「やる」か「やらない」かの壁が超絶に高いんですよね。
このレポートでそこを超えるノウハウを提供していきます。

さらっと内容を挙げると

  • 自分の行動をソッコーで変える”科学的な”方法
  • 9割の女性に「アリ」だと思われるための事前準備
  • ナンパをする上で成長が早くなる3つの意識
  • 会って2秒で笑わせて、3分でカフェに連れ出すアプローチ術
  • 女の子が密かに出しているお持ち帰りOKのサインとは

などなどです。
ダウンロードは下のボタンからどうぞ。