雨の日のナンパは成功率が上がる3つの理由と3つのアイテム

-shared-img-thumb-SAYA151005398060_TP_V

この記事を書いてる人 - パプリカ -

paprika_prof身長168cm、中肉中背で筋肉少なめのフツメン。人見知りのくせにナンパブログを書いている。
見た目はマジメ。中身はチャラめ。自分史上最高の美女をゲットするまで結婚しないと決めている。

→詳しいプロフはこちら
Youtube_icon-icons.com_66564twitter

どうも、パプリカです。

雨の日にナンパすべきか検討中のあなた、朗報です。

結論から言えば、雨の日はナンパの成功率が上がります。

厚生労働省も認めざるを得ないぐらいの理由をこれから述べていきますのでよろしくお願いします。

雨の日ナンパの成功率が上がる3つの理由

雨の日にナンパなんてかったるいですよね。

でも普段より確率が上がるんならどうですか?やりたいでしょ?

 

パチンコのイベントの日には開店前に行列を成すことからわかるように、人は成功率が上がるんならやりたいものです。
(パチンコしたことないですが)

では3つの理由を述べていきます。

1.晴れの日よりも圧倒的にライバルが少ない

普通の人の思考なら雨の日にわざわざ外に出るなんて考えません。

靴はズブズブになるし、傘で片手がふさがるのめんどくさいし、人とすれ違う時は傘傾けなならんしでめんどくさいことだらけです。

だからわざわざナンパするために外に出る理由なんかないわけです。

それがミソです。

 

よくビジネス本なんかには「人と逆の考え方をしなさい」なんて言葉が散見されます。

ナンパ師のほとんどがめんどくさいと思っているからこそ、その日限定でライバルの数が急減します。

その急減した市場に飛び込むのがあなたです。

 

普通の人が「めんどくせぇ」と思っていることをいかに「チャンスだ」「よっしゃー」と思えるかです。

この考え方はナンパに限らず、仕事や人間関係で人より成功するための重要な考え方です。

雨=チャンス。

まずはこの思考回路を植え付けましょう。

2.晴れの日よりも女の子の警戒心が低い

前述した通り、雨の日はライバルが少ないです。

故に、女の子もナンパに対する準備、警戒心がいつにもまして低いです。

渋谷などのナンパ激戦区ならまだしも、普通のストリートであれば基本ナンパされると思っていません。

だからこそ、雨の日を狙うワケです。

 

警戒心が低いとナンパのアプローチで重要な「反応」を得やすいのが1番のメリットです。

第一関門の会話成立のカベを晴れの日よりも簡単に超えることができます。

3.晴れの日よりも共有スペースが多い

共有スペースについてはこちらをご覧頂きたいのですが、簡単に説明すると自分と女の子とで共有しているモノ、感情などです。

この共有スペースを使って会話を展開し、盛り上げていきます。

 

雨の日だと共有できるアイテムが増えます。

靴、傘、雨、感情などなど。

これらを材料にトークを展開していきます。

 

これらは一例ですが、

靴を共有スペースにした場合

「やば、めっちゃ靴ズブズブじゃない?」

「そのレインブーツかっこいいね。ちょっと履かせて」

 

傘の場合

「その傘めっちゃいいじゃん。2万ぐらいした?」

「傘持つのだるくない?」

 

雨の場合

「今日の雨結構ヤバイよね」

「雨とかマジやめてほしいよね」

 

感情の場合

「今雨にムカついてるでしょ?」

てな感じでトークを展開していけます。

共有スペースは積極的に使っていきましょう。

快適な雨ナンパのための3つのアイテム

-shared-img-thumb-150909275523_TP_V3

「雨の日ナンパはチャンスだーーー」とは言ったものの、やはり雨がうざいことに変わりはありません。

だからこそ、万全の準備を喫して快適にナンパするアイテムを揃えましょう。

1.レインブーツ

まずは足元です。

僕も去年からレインブーツを履いていますが、もう雨の日のストレスが6割ぐらい減ります。

ある程度の水たまりならバシャバシャ歩けますし、晴れの日に履きたい靴が汚れることもなくなりました。

しかも、東京などの都会ならまだしも、地方だとレインブーツを履く男自体が少ないです。

なので、細部をチェックする女の子には勝手にオシャレ男子のレッテルを貼って頂けます。

2.大きめの傘

大きめの傘を持った方がいい理由は3つあります。

1つは多少強めの雨でも濡れないようにするため。

2つ目は声をかけて連れ出した女性と相合傘で距離を縮められるため。

3つ目はまれにいる傘持ってない系女子にアプローチするためです。

突然の雨などで濡れてしまっている女子にアプローチしやすくなります。

相合傘状態で声かけすることで二人だけの空間を一瞬で演出することができます。

さらに女性としては雨に濡れるのがイヤなので、傘を差してもらったことで「良いことをしてもらっている」という印象を与えることができます。

心理学で「返報性の原理」というものがあります。

「なにかをしてもらったら何かを返さなきゃ」という人間の普遍的な心理です。

これを利用して傘を差してもらったから…と会話成立する可能性もUPします。

ぜひお試しを。

3.防水スプレー

濡れるとわかっているのであれば、とことん防水スプレーをかけてしまいましょう。

特に濡れやすいのはカバンとズボンの裾です。

レインブーツじゃない人は靴にもかけましょう。

 

快適にナンパする準備をしっかりしておけばそれだけ心にも余裕が出ます。

心に余裕が出れば同じ「雨」という状況にいる女性の1つ上の視点から余裕を持ってアプローチができるので、しっかりと自分に余裕の出る準備をしておきましょう。

雨の日を効率的に美女との出会いを増やすもう一つのツール

そして、僕が雨の日によくやっていたのがネットナンパです。

そう、つまり出会い系ですね。

 

出会い系だったら、スマホでポチポチしてるだけでいいので、雨の日でも出会いを増やすことができます。

実際に僕は出会い系だけで半年間に30人もの女性と関係を持つことができました。

その実績で自信がついて、リアルのナンパにも自信が持てるようになり、成功率も上がりました。

僕が1番オススメなのは「ハッピーメール」というサイトです。

無料で2,3人の女の子には会えるのでまずはお試しを!

沖縄ナンパスポットのハッピーメールリンク1

出会い系はやったことがなくて不安という方はこちらも併せてどうぞ。

僕も初心者の状態から30人ゲットできたので、絶対できます!

出会い系ってホントに無料?サクラは?架空請求されない?疑問・不安にすべてお答えします

P.S こんなブログ書いてますが、僕はコンプレックスの塊でしたw

僕はこのブログで、6ヶ月間で30人の女の子と遊んだーとか、ナンパの方法とか偉そうに語ってますが、そもそもそんなタイプの人間じゃなかったんです。

プロフィールを読んでもらえばわかりますが、身長も170cmない、顔もイケてない、筋肉もなければ頭も良くない。

おまけにアラサーですが、まともな仕事にも就いていません。
ボーナスももらったことがなければ、未だに楽しいと思える仕事もできていません。

性格は人見知りで、友だちは少ない。
声は小さく、人との話を広げるのが苦手。

そんなクズな僕でも、たった1つのきっかけからコロコロと少しずつ少しずつ、人生が楽しい方向へと転がりだしてきました。

そのきっかけが2人のナンパ師との出会いでした。

細かい流れはメルマガの方でも書いていますが、そのナンパ師2人は「女」という人生でも大きなテーマの1つを完全にクリアしてました。

2人はいつも自信満々、笑顔で、何があっても楽しそうな顔をしてる。
だからか、仕事もうまくいってるし、周りには同じような楽しそうな奴らが集まってます。

「なんかおれ、自分で人生損してんな…」って思いましたね。

それからカクカクシカジカあって、6ヶ月で30人の女の子をゲットしたり、自分のセルフイメージがクソ高くなったりとおもしろイベントが起きてきました。

詳細やナンパのノウハウについてはプロフィールかメルマガの方に書いてるので、良かったら見ていってくだせー。


無料E-Book:元人見知りが6ヶ月間で30人の女の子をゲットした方法


スクリーンショット 2017-05-31 14.55.01

プロフ見てもらえればわかりますが、めっちゃ人見知り、めっちゃ奥手な僕でも6ヶ月という短い期間で約30人の女の子をお持ち帰りすることができました。
こんな低身長、非イケメン、チキンな僕でもできたので正直誰でも「やれば」イケると思ってます。ただし「やれば」。

この「やる」か「やらない」かの壁が超絶に高いんですよね。
このレポートでそこを超えるノウハウを提供していきます。

さらっと内容を挙げると

  • 自分の行動をソッコーで変える”科学的な”方法
  • 9割の女性に「アリ」だと思われるための事前準備
  • ナンパをする上で成長が早くなる3つの意識
  • 会って2秒で笑わせて、3分でカフェに連れ出すアプローチ術
  • 女の子が密かに出しているお持ち帰りOKのサインとは

などなどです。
ダウンロードは下のボタンからどうぞ。