巷のナンパの方法をまとめてクズ部式と比べてみました

-shared-img-thumb-YUKA160421270I9A2690_TP_V

この記事を書いてる人 - パプリカ -

paprika_prof身長168cm、中肉中背で筋肉少なめのフツメン。人見知りのくせにナンパブログを書いている。
見た目はマジメ。中身はチャラめ。自分史上最高の美女をゲットするまで結婚しないと決めている。

→詳しいプロフはこちら
Youtube_icon-icons.com_66564twitter

どうも、パプリカです。
巷に広がるナンパ術をクズ部的な視点で見ていきたいと思います。

ナンパのノウハウは数あれど、どれが正しい、どれが間違っているというのはありません。
ただ、基準として以下の2つがないとクズ部的にはおもろないなという結論に達します。

1.自分が成長するか
2.やってて自分がおもしろいか

この2つが満たされていれば大概どんなナンパの方法でも良いかなと思います。

では巷に広がるナンパのノウハウを見ていって、成長できるのか、おもしろいのかを検証していきたいと思います。

ノウハウ〜アプローチ編〜

ナンパで最も大事だと言われるアプローチ。
アプローチを制する者がナンパを制するとまで言われています。
みんながやっているアプローチはどんなものなのか?

ハキハキと、笑顔で声をかける→△

これ、確かにハキハキと話すのは大事なんですが、笑顔がいいかどうかは場面によります。
例えばストリートナンパならいきなり笑顔で声をかけられると気持ち悪くないですか?

仮に僕が女の子に笑顔で声をかけられたとしたら何かの勧誘か怖いお兄さんに回されるんだと勘ぐってしまいます。
なので必ずしも笑顔がいいとは限りません。

笑顔は場面でしっかりと使い分けましょう。

○○ってどこにあるか知りませんか?→△

いわゆる「道聞き系」ってやつですね。
ちょっと声をかける勇気がない人には有効なやり方とされていますが、これもやり方によっては成長もおもしろさもありません。

例えば「このへんでビールのおいしい居酒屋さんって知ってます?」なんて聞いても声をかけられ慣れてる女子ならまずガンシカを喰らいます。
こんなアプローチにおもしろさも成長もありません。

じゃあどんな道聞き系ならいいのか?
ガンシカしてしまう女子でさえ反応してしまうような道聞きが有効です。

「このへんでマスターが元暴走族っていうコーヒーショップ知りません?」
「このへんでユーチューバーが集まるカフェがあるって聞いたんですけど知ってます?」

みたいな感じで聞いちゃうのはアリです。
もちろんそんな店ないのはお互い承知の上です。
それを共有スペースとして次の会話を展開していきます。
※共有スペースについてはこちらを参照ください

この”トークを展開”することに成長とおもしろさが出てきます。

ノウハウ〜トーク編〜

アプローチが成功したら次はトークです。
いかに女の子と仲良くなって、信頼関係を積み重ねていくかという重要なセクションです。
トークの時に巷のナンパ術では何を心がけているんでしょうか?

自己紹介をする→△

一見当たり前のように感じる自己紹介。
これ、クズ部的には必須ではありません。
むしろない方がうまくいく場合だってあります。

なぜか?
相手女性とセックスをするのに名前を教えることも職業を教えることも必須条件ではないからです。
むしろもっと大事なすべきことはあります。
それは「主導権を握ること」と「女性を楽しませること」の2つ。

これに関しては今回詳しく書きませんが、こちらの記事に詳しいノウハウを紹介しています。

女性のことをホメる→△(限りなく×に近い)

これからあなたがゲットしようとする女性のレベルが高ければ高いほど「ホメ」は通用しなくなります。
むしろやり過ぎてしまうと逆効果になりかねません。

それはなぜか?
先ほども挙げた「主導権」が相手に渡ってしまうからです。
もちろん褒め方にもよりますが、ホメすぎれば相手は「今までの男と同じだ」と思ってしまいます。

そうすると、他男性との差別化がしにくくなり、結果女性を口説きにくくなってしまいます。

逆に「ホメ」がない会話は最初は慣れないかもしれませんが、抜群にトークスキルが付いてきます。
だって褒めがダメなら後は笑いを生むぐらいしか方法はありませんからねw

とにかく優しく接する→×

巷での1番の勘違いはこれかもしれません。
女の子に優しくすれば好かれるってのは間違いです。

正しく言えば優しくすれば嫌われはしないでしょう。
ただ、おもしろくないです。つまんない男です。

優しくした上で即ろうなんて目をギラつかせたら女の子は引いちゃいます。
だからこそ、優しくするよりも「主導権を握る」「楽しませる」ことにフォーカスします。

その方が即ったり、準即したりできる確率は格段に上がります。
そして仮に一回エッチしたとしても重い関係にはなりにくくなります。

実はココが1番のメリット。
優しくし過ぎると重たくなっちゃうんですよね。女子が。
で、男は言うんです。
「あの女、めんどくせ〜」

「いやいや、それお前にも原因あるから」と僕は思っちゃうんですけどねw

てことで、優しくするよりも「主導権を握る」「楽しませる」を意識していきましょう。

まとめ

巷のナンパノウハウとは逆と感じるものもあったかもしれません。
冒頭でもお伝えしたとおり、どれが正しいというのはありません。
できる人ならどっちのノウハウを使ってもある程度の結果を出せるでしょう。

ただ、やはりナンパをする以上「成長」「おもしろさ」がメインテーマである僕としては糞つまらない無難なノウハウで女の子をゲットするよりも笑かして、楽しませて、その上でお持ち帰りってのが1番良いと思うんですよね。

うん、そう思います。

自分に合うものを探しながらいろいろ試してみてくださいね。
ではでは~

P.S こんなブログ書いてますが、僕はコンプレックスの塊でしたw

僕はこのブログで、6ヶ月間で30人の女の子と遊んだーとか、ナンパの方法とか偉そうに語ってますが、そもそもそんなタイプの人間じゃなかったんです。

プロフィールを読んでもらえばわかりますが、身長も170cmない、顔もイケてない、筋肉もなければ頭も良くない。

おまけにアラサーですが、まともな仕事にも就いていません。
ボーナスももらったことがなければ、未だに楽しいと思える仕事もできていません。

性格は人見知りで、友だちは少ない。
声は小さく、人との話を広げるのが苦手。

そんなクズな僕でも、たった1つのきっかけからコロコロと少しずつ少しずつ、人生が楽しい方向へと転がりだしてきました。

そのきっかけが2人のナンパ師との出会いでした。

細かい流れはメルマガの方でも書いていますが、そのナンパ師2人は「女」という人生でも大きなテーマの1つを完全にクリアしてました。

2人はいつも自信満々、笑顔で、何があっても楽しそうな顔をしてる。
だからか、仕事もうまくいってるし、周りには同じような楽しそうな奴らが集まってます。

「なんかおれ、自分で人生損してんな…」って思いましたね。

それからカクカクシカジカあって、6ヶ月で30人の女の子をゲットしたり、自分のセルフイメージがクソ高くなったりとおもしろイベントが起きてきました。

詳細やナンパのノウハウについてはプロフィールかメルマガの方に書いてるので、良かったら見ていってくだせー。


無料E-Book:元人見知りが6ヶ月間で30人の女の子をゲットした方法


スクリーンショット 2017-05-31 14.55.01

プロフ見てもらえればわかりますが、めっちゃ人見知り、めっちゃ奥手な僕でも6ヶ月という短い期間で約30人の女の子をお持ち帰りすることができました。
こんな低身長、非イケメン、チキンな僕でもできたので正直誰でも「やれば」イケると思ってます。ただし「やれば」。

この「やる」か「やらない」かの壁が超絶に高いんですよね。
このレポートでそこを超えるノウハウを提供していきます。

さらっと内容を挙げると

  • 自分の行動をソッコーで変える”科学的な”方法
  • 9割の女性に「アリ」だと思われるための事前準備
  • ナンパをする上で成長が早くなる3つの意識
  • 会って2秒で笑わせて、3分でカフェに連れ出すアプローチ術
  • 女の子が密かに出しているお持ち帰りOKのサインとは

などなどです。
ダウンロードは下のボタンからどうぞ。