早く結婚するメリットは若い親でいられる?それってメリットか?

wedding-night-1116722_1280

この記事を書いてる人 - パプリカ -

paprika_prof身長168cm、中肉中背で筋肉少なめのフツメン。人見知りのくせにナンパブログを書いている。
見た目はマジメ。中身はチャラめ。自分史上最高の美女をゲットするまで結婚しないと決めている。

→詳しいプロフはこちら
Youtube_icon-icons.com_66564twitter

ども、パプリカです。

「結婚なんてクソだ」と思ってる結婚反対派の僕が早く結婚するメリットを考えてみました。

やっぱり国民の大半がするであろう結婚にメリットがないはずがない!

1.子供が成人しても自分が若い

1番に思い浮かぶメリットがこれですよね。

極端な話、20歳で子供を埋めば自分が40歳の時に子供は成人。

自分が40歳の時の子が成人になった時は自分は60歳。

確かに60歳だとちょっとおじいちゃんか…

ん?待てよ、60歳ってそんなにおじいちゃんか?

もちろん人によっては老け込む年齢。

もしかしたら60歳を待たずして死ぬ可能性もある。

 

でも、医療の発達した現代で60歳まで生きるのはそう難しくない。

芸能人で例を出すと極端だけど、さんまさんも60歳。

ラモス瑠偉も60歳。笑

 

逆に考えれば40歳で老け込む人もいるよね。

僕の経験上、つまんない人生を生きてる人は老け込んでるイメージがある。

やりたくもない仕事を毎日して、

満員電車に揺られて、

浮気するのも我慢して、

同僚と飲みに行こうものなら嫁に怒られる。

 

結構こういう人は老け込んでるイメージ。

となると、結局早く結婚するかどうかよりも、

楽しい人生を送れるか、

60歳までに老け込まない工夫をした方が成人した子供と楽しく過ごせるんじゃないか。

一緒に飲みに行くのも楽しいだろうし。

結論。早婚にメリットなし。

当たり前だけど、結婚したい人がすればいいと思う。

でも子供が成人した時に若いって理由で結婚するのはどうかと思う。

それより楽しく生きよ。

僕はまだまだ仕事と女を楽しみたいと思います。

ではでは~

P.S こんなブログ書いてますが、僕はコンプレックスの塊でしたw

僕はこのブログで、6ヶ月間で30人の女の子と遊んだーとか、ナンパの方法とか偉そうに語ってますが、そもそもそんなタイプの人間じゃなかったんです。

プロフィールを読んでもらえばわかりますが、身長も170cmない、顔もイケてない、筋肉もなければ頭も良くない。

おまけにアラサーですが、まともな仕事にも就いていません。
ボーナスももらったことがなければ、未だに楽しいと思える仕事もできていません。

性格は人見知りで、友だちは少ない。
声は小さく、人との話を広げるのが苦手。

そんなクズな僕でも、たった1つのきっかけからコロコロと少しずつ少しずつ、人生が楽しい方向へと転がりだしてきました。

そのきっかけが2人のナンパ師との出会いでした。

細かい流れはメルマガの方でも書いていますが、そのナンパ師2人は「女」という人生でも大きなテーマの1つを完全にクリアしてました。

2人はいつも自信満々、笑顔で、何があっても楽しそうな顔をしてる。
だからか、仕事もうまくいってるし、周りには同じような楽しそうな奴らが集まってます。

「なんかおれ、自分で人生損してんな…」って思いましたね。

それからカクカクシカジカあって、6ヶ月で30人の女の子をゲットしたり、自分のセルフイメージがクソ高くなったりとおもしろイベントが起きてきました。

詳細やナンパのノウハウについてはプロフィールかメルマガの方に書いてるので、良かったら見ていってくだせー。


無料E-Book:元人見知りが6ヶ月間で30人の女の子をゲットした方法


スクリーンショット 2017-05-31 14.55.01

プロフ見てもらえればわかりますが、めっちゃ人見知り、めっちゃ奥手な僕でも6ヶ月という短い期間で約30人の女の子をお持ち帰りすることができました。
こんな低身長、非イケメン、チキンな僕でもできたので正直誰でも「やれば」イケると思ってます。ただし「やれば」。

この「やる」か「やらない」かの壁が超絶に高いんですよね。
このレポートでそこを超えるノウハウを提供していきます。

さらっと内容を挙げると

  • 自分の行動をソッコーで変える”科学的な”方法
  • 9割の女性に「アリ」だと思われるための事前準備
  • ナンパをする上で成長が早くなる3つの意識
  • 会って2秒で笑わせて、3分でカフェに連れ出すアプローチ術
  • 女の子が密かに出しているお持ち帰りOKのサインとは

などなどです。
ダウンロードは下のボタンからどうぞ。